NEWAリフト 効果

newaリフトを使ってみた。経過や効果の感想まとめ。

サブマイクロ波(高周波)がたるみを引き締めるということで大人気のnewaリフト、新しくお洒落な印象のブラックとレッドも2016年9月に追加で発売され、ますます注目度が高まっていますね

 

編集部でもこの大人気美顔器NEWAリフトを使ってみました!

 

>>newaリフト公式サイト<<

 

体験したのはアラフォーの編集部員。さっそく使用感や効果をご紹介します♪(編集部員が体験したのはリニューアル前のnewaリフトですが、使い方や効果はリニューアル後も同じです。)

 

とりあえず結果だけ気になる方に、newaリフトのケア開始前と3か月後の画像を最初にお見せすると・・

 

 これが⇒  こうなった。

 

こんな感じです。もちろん左写真が開始前、右写真が3カ月後です。全体にもたっとしたたるみがすっきりし、ほうれい線も短くなっています。

 

では、newaリフトの使い方も含めた長期的な効果レビューをご紹介します♪

NEWAリフトで効果を感じるために気を付けること

NEWAリフトで効果をしっかり感じるためには、使い方にいくつかポイントがあります

 

せっかく高い効果が期待されるNEWAリフトを購入しても、やみくもに使ってはなかなか効果が感じづらいこともあるため、使い方のポイントをしっかり守って使いましょう。

NEWAリフトを当てる位置に注意

例えばほうれい線を消したい場合、NEWAリフトをほうれい線の上ばかりに当ててしまう人が多いです。が、それだとほうれい線はなかなか消えないんですね

 

なぜかというと、ほうれい線はたるんだ皮膚や頬が下がることでできるため、結果として現れているほうれい線部分だけにNEWAリフトを当ててもその上のたるみ自体はあまり解消されないのです

 

なので、たるみの悩みに応じて最も適切な位置にNEWAリフトを当てるのが効果を感じるにはとても大切です。

NEWAリフトでほうれい線を消す場合

例えば、ほうれい線をNEWAリフトで消したい場合、3通りの使い方が考えられます。まず、下の画像を参考に、どうしたときにほうれい線が消えるか鏡を見ながら確認します。

 

 

 

A:指で頬をこめかみ方向に引くとほうれい線が消える場合、NEWAリフトもほうれい線からこめかみ周辺にまで重点的に当てます。

 

B:指で頬を耳の方向に水平に引くとほうれい線が消える場合は、NEWAリフトもほうれい線から耳の前まで水平方向に当てます。

 

C:ほうれい線の上のふくらみを指で押すとほうれい線が消える場合は、そのふくらみを中心とした頬骨の周りにNEWAリフトを当てます。

 

編集部員の場合はAのケースのようだったので、マニュアル通りにほうれい線からこめかみにかけてNEWAリフトを当てるようにしました。

NEWAリフトで目の下のたるみを消す場合

たるみの悩みの中では、目の下のたるみもほうれい線と並んでポピュラーな悩みですね。

 

目の下のたるみをNEWAリフトで消したい場合は、ほうれい線の時と同様、目の下だけにNEWAリフトを当てるのではなく、目の下からこめかみにかけて当てるようにします。

 

目の下のたるみも、やはりこめかみなど顔の上から皮膚がたるんでくるためにできるからですね。

NEWAリフトでフェイスラインやアゴのたるみを消す場合

NEWAリフトで二重あごやフェイスラインなどアゴ周りのたるみを消したい場合は、あごから耳の下までNEWAリフトをしっかりと当てるようにします。

 

また、首元にNEWAリフトを当てる際は、喉仏や鎖骨を除いた首の前面全体に当てるようにします。

 

あくまでも、たるんでいる部分だけではなく、そこにつながっている上の方まで含めて全面的に、と考えると良いですね。

NEWAリフトを使う回数に注意

NEWAリフトを使い始めた特に初期には、1回のケアでもほうれい線やたるみなどに効果が見えやすいのですが、次の日には元に戻ってしまうためついつい毎日使いたくなってしまいます。

 

が、NEWAリフトの使い方の原則は「1日おき」と定められています。日本人の皮膚で安全に使うために定められた使い方の基準なので、ここはぐっと我慢して1日おきの使用を守りましょう。

 

(なお、ご参考までに記載しておくと、NEWAリフトが開発されたイスラエルでの使い方では、週に5日使うことになっており、ケア時間も日本のマニュアルの2倍です。が、これはあくまで現地で使う方の皮膚に合わせた使い方で、日本人の皮膚の厚さには負担が大きいと思われます。なので、NEWAリフトでイスラエル式の使い方をする場合は、自己責任にてご使用くださいね)

newaリフトは火傷の心配はない?

newaリフトは、皮膚内に伝えられた高周波が熱を発生して引き締めていく美顔器です。

 

 

皮膚の上でNEWAリフトをくるくると動かしながら使いますが、熱を発生しながらトリートメントをする美顔器だけに、この手を止めると「あちっ!」となったりするのでちょっと気を付けて。でも、自動で一時停止する機能もあるので火傷の心配はありません

 

ちなみに、私の場合は、皮膚が薄いせいなのか目元で熱を感じやすかったです。逆に頬などはそれほど熱くも感じず、むしろ心地よい温かさです。

newaリフトの効果は?たるみがどれだけ引き締まったか画像で確認!

ではいよいよ、newaリフトの効果を写真でご紹介していきましょう。編集部員の場合、口元のたるみ・ほうれい線が特に気になっていたので、この部分で特に効果を期待してNEWAリフトを使い始めました。

newaリフト前の口元

まず、こちらはnewaリフト開始前。


ほうれい線が伸びてきているのと、マリオネットラインが出てきて口の横に要らないたるみ(ふくらみ)を作っています。

 

放っておいたら恐ろしいブルドッグ顔になってしまうこと請け合いです(涙)。これをnewaリフトにやっつけてもらいます。

newaリフト1回目終了

newaリフトで1回ケアした後の状態がこれ。

1回やっただけでも口元がすっきりしたと思いませんか?あと、実は顔が全体に細くなったように思いました。

 

この写真は、ケアの直後です。最初のうちは、newaリフトでケアすれば写真のようなすっきり感が感じられましたが、次の日には大体元に戻ってしまっていました。効果が定着するようになるには1カ月前後は使い続けないといけないので、とにかく根気よく続けます。

newaリフト開始約1カ月後

そしてこちらが1か月後。
 
口の横のふくらみがほとんどなくなって平らになっているのと、ほうれい線が薄くなってきています。ちなみにこれは、newaリフトでケアした次の日です。次の日でも効果は続いているようですね。

 

このころになると、毎回最初のような劇的な変化がそれほど見えなくなってきていたので、本当に効果出ているのかな?とちょっと不安になったりもしましたが、写真で見るとやはり効果あるようですね。ホッ

 

NEWAリフトに限らず美顔器の効果は、毎日鏡を見て目が慣れてしまうということもあるのでできれば定期的に写真など客観的に変化が分かるような記録をつけると良いと思います。効果が分かれば続ける意欲も保てるし、そうするとますます効果が出やすくなりますからね♪

newaリフト開始約2か月後

そしてこちらは2か月後。
 
やはりマリオネットラインや口の横のふくらみが薄くなってきて、全体にすっきりした状態が続いています。

 

ちなみにNEWAリフトでは、最初は即効性を発揮し、使い続けるとその効果が定着してくると言いますが、それを検証するためこの2か月後の写真は敢えて3日ほどケアをせずに過ごしてから撮りました。2カ月使い続けた後だと、3日ほど放置しても元に戻らなくなってきているようで、効果が定着してきていることが写真でも確認できた形です♪

newaリフト開始約3か月後

そしてNEWAリフト開始から3か月後。

3か月後のこの写真も、最後のケアから3日ほど放置して撮ってみました。3日放置してもやはりほうれい線やマリオネットラインなどのたるみが戻ってきていませんね。

 

NEWAリフトによるトリートメントを始めてから3か月経つ頃には、毎回の変化を楽しみにケアするというよりは、引き締まった状態を保つため(メンテナンスのため)にケアを続けている感覚でした。最初のような「おぉ、本当にたるみが引き締まった!」という感動は少なくなるので張り合いは減りますが(笑)、常にすっきりとした印象の顔が保てるという意味ではやはり毎回のケアのやる気につながります。

フェイスライン全体で見てみると

ここまで、特に気になる顔半分の写真をご紹介しました、フェイスライン全体の変化を時系列でご紹介します。

 

 開始前
 1回目(ケア直後)
 1か月後(ケア翌日)
 2か月後(ケア3日後)
 3か月後(ケア3日後)

 

NEWAリフトのケアを続けるに従ってアゴ周りのもたつきが解消されて、あごが小さく顔が細くなっていっています・・・!やはり、NEWAリフトは「たるみの引き締め専門」というだけあって、引き締め効果が発揮されているようです。

 

1か月、2か月と経つにつれて、NEWAリフトでケアしてからの時間は経っているのにあごのラインがすっきりしてきています♪それだけ効果が定着してきていることが再確認できました◎

 

最後にNEWAリフトの開始前と3か月後で比較すると、

 

 ⇒

 

NEWAリフトのケア開始前(左写真)では頬の周りがもたついていわゆる「デカ顔」、そしてほうれい線やマリオネットラインなどのたるみでいかにも老けた印象の顔になっていますが、NEWAリフト開始から3か月後(右写真)では全体的にとてもすっきりしてほうれい線などのたるみも目立たず、あごも若干小さくなっています。うれしい♪

 

ここまで、NEWAリフトでのケア開始前から3ヶ月後までの編集部員の顔の変化を画像でご紹介しました。画像でも見ていただける通り、NEWAリフトの効果を分かりやすく感じることができ、とても満足しています◎

NEWAリフトを他の美顔器と比較すると?

さて、NEWAリフト(ニューアリフト)は高周波(サブマイクロ波)を使ったたるみの引き締め専門のエイジングケア美顔器です。

 

エイジングケア美顔器というと候補になりやすいのが、NEWAリフトの他に「ララルーチュ」や「トリア」などがありますので、ここではそれぞれとNEWAリフトの使用感や効果などを簡単に比較してみます。

ララルーチュと比較

まず、NEWAリフトとララルーチュを比較すると。

 

NEWAリフトと同様、ララルーチュも高周波を使っている美顔器ですが、温度の感じ方はNEWAリフトの方がララルーチュよりちょっと強く感じます(ララルーチュのレビューはこちら)。

 

ララルーチュの実際の高周波の出力レベルが確認できないので正確に比較できませんが、やっぱりnewaリフトは高周波に特化した美顔器なので機能が高いのかな?と思いました(まったくの主観ですが)。

 

ただし、ララルーチュでは美容液の導入もできるため、高周波に限った効果ではNEWAリフトに劣ることはあってもなかなか好感度の高い美顔器ではあります。

トリアスキンレーザーと比較

次に、やはりエイジングケア美顔器として人気のトリアと比較。

 

実際、エイジングケアができる美顔器としてトリアスキンレーザーとnewaリフトで迷う方も多いかと思いますが、使用感はやはりnewaリフトの方がずっとマイルドです(トリアのレビューはこちら)。

 

newaリフトは、肌の内部でほわーっとした熱を使用後しばらく感じますが、トリアは肌の表面で日焼け後のようなひりひりした熱さ(痛み)を使用後数時間感じます。

 

やはり、newaリフトは肌の中から引き締めるのに対して、トリアは肌の表面から皮膚を作りかえていくということなのね、というのが、この使用感の違いから実感できます。

 

効果の意味では、トリアでは肌のキメが整って滑らかになりますが、NEWAリフトほどの引き締め効果は感じづらいかもしれません。逆に、NEWAリフトではシミを消すことは難しいですが、そちらはトリアが得意な分野ですね。この辺りはやはり目的に応じてNEWAリフトとトリアを使い分けるのが良さそうです。

NEWAリフトはどんな人が選ぶべき?

NEWAリフトと、その他の人気エイジングケア美顔器を簡単に比較しましたが、NEWAリフトとその他の美顔器のどちらを選ぶべきかと悩んだ時の考え方は、やはりメインで達成したいことを重視することかなと思います。

 

つまり、シミや保湿より何よりもほうれい線やたるみを解消したい場合はNEWAリフトを、たるみ解消効果は若干緩やかでも保湿も美肌もしたい場合はララルーチュのような複合型美顔器を、特にシミ対策をしたい場合はトリアを選ぶ、というのが、それぞれの美顔器の得意分野を生かした使い方ができ、それに応じた効果も感じやすくなるのではないかなと思います。

 

逆に言うと、それぞれの美顔器を編集部で使ってみた経験からも、とにかくたるみをどうにかしたい方にはやはりたるみ専門の美顔器であるNEWAリフトがおすすめなんだなぁ、と実感しています。

newaリフトは価格が気になる?


ここまで、NEWAリフトの使い方、効果、他の美顔器と比較した選び方などをご紹介してきました。

 

既に効果の画像などでもご紹介している通り、NEWAリフトのたるみの引き締め効果はやはりとてもおすすめできるものがあります。

 

が、そうは言っても、newaリフトは効果は確かに信頼できそうだけど、購入したい!と思っても価格でちょっと迷ってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

 

が、編集部としては、この効果を考えるとけして高い買い物ではないと考えています。

 

サーマクールという美容クリニックのたるみ引き締め施術の15分の1のパワーを家庭で使える」というのがnewaリフトの売りでもありますが、15分の1のパワーでも1回のケアでこれだけしゅっとすること、購入してしまえば15回でも100回でも使えることを考えると、費用対効果は全然悪くないのでは?と言うのがその理由です。

 

ちなみに、もう一つジェルの費用対効果について触れておくと、ジェルは私は1本で2か月くらい使えました(たまに1日忘れて2日おきになったりしてましたが)。ジェル購入の頻度は最大で90日と設定することができるので、そこまで無駄遣いしている感じはしませんでしたよ。

 

newaリフトは、引き締め効果で見てもコスパで見ても、編集部としてもとてもおすすめの美顔器となりました♪

 

顔のたるみをどうにかしたい!と考えていらっしゃる方には、まず始めに考えたい美顔器と言えそうです。

 

\お得な通販情報や体験イベントは公式サイトでチェック/

 

 

newaリフトが新しくなり、ネックケアも解禁に♪

 

編集部でも、さっそくゴージャスな新しいnewaリフトでネックケアをしてみました。

 

気になる効果はどれくらい感じたのか?
画像付きでご紹介しています☆

 

新しいnewaリフトの首元ケアレビューはこちらから!